E判定でも京都大学へ現役合格!!塾なし6ヶ月間の逆転合格物語

8月の時点でE判定(合格可能性20%以下)だった公立高校生が、そこから塾にも通わずに6ヶ月で、京都大学へ現役”逆転”合格した勉強法・記録をすべて公開するブログです。

*
無料プレゼント・バナー

 

E判定から京都大学に逆転合格するまでの記録を全て公開!!

      2018/02/24

※このページは現在編集中です。随時更新していきますので、定期的にチェックしてみてください。

こんにちは!はじめまして、ゆうぽんと申します^^

このページでは、僕がE判定から6ヶ月で京都大学に合格するまでの記録を全て公開しています

模試の点数・合格判定・偏差値や試験本番の様子などを実際の写真とともに掲載していくので、参考にしていただけるとうれしいです。

 

はじめに

僕についての簡単な自己紹介のページです↓

[旧]【このブログについて】E判定から京大への逆転合格物語

[新]はじめに「E判定からの逆転合格ストーリー」

 

合格のコツは?

僕が合格できた理由を一つにまとめたものです。

手っ取り早く合格のコツを知りたい方はこちらをどうぞ↓

結局、ゆうぽんは”なぜ”逆転合格できたのか?

動画の続きはこちらです。

 

【4月~7月】第1学期

僕は京大受験どころか、将来の進路すら真剣に考えたことのなかった高校生でしたが、とあるきっかけから受験勉強に真剣に取り組み始めるようになりました。

そこまでの経緯です↓

 

・第1話「忘れられないパス」

・第2話「ガラスのせいで授業ができない」

・第3話「衝撃を受けた合格体験記」

 

「ぼくにでも合格できますか?」といった質問に対する答えだったり、「○月の時点で、~という成績だと合格できないと聞きました」という常識とされていることについて僕が思うことをまとめています↓

わけのわからない先入観のせいで、自分の可能性を閉ざしてしまう人が一人でも少なくなってほしい、と本気で思っています。

 

・第4話「数字の弱点見つけたり」

・第5話「同志との意外な出会い」

・第6話「世の中の間違った常識」

 

【8月】夏休み

tsuki_title08

意気揚々と京大受験に乗り出した僕ですが、なにもかも都合よくいくほど受験は甘くありませんでした…。

8月の模試では、厳しい現実を突きつけられ、危うく受験自体を諦めてしまいそうになってしまいます↓

 

・第7話「人生最悪の夏休み」

・第8話「模試で心が折れかける」

 

模試の結果

・第2回全統マーク模試(河合塾)

・第1回京大入試実戦模試(駿台)

 

【9~12月】第2学期

間一髪で挫折は回避することができました。

そして、受験勉強に限らず、ジャンルを横断しながら大量の本をリサーチすることで、自分の勉強法を見直すことを始めました。

その結果、この時期辺りから爆発的に成績が伸び始めます。

 

「諦めたら、そこで試合終了」という言葉がありますが、やっぱり何事も追い詰められてから勝負が始まるのかな…とも思いますね

(僕のブログの読者には、なるべく苦労せず合格してほしいところですが^^;)。

 

・第9話「逆転合格の兆し」

 

模試の結果

・第3回ベネッセ・駿台マーク模試

・第2回京大入試実戦模試(駿台)

・京大即応オープン(Z会/河合塾)

 

【1月】センター試験

tsuki_title01

E判定ばかりくらっていた僕にとって、センター試験は2次試験よりも緊張するものでした。

というのも、足切りされたらどうしよう…という恐怖が内心あったからです。

ここでは、センター試験を乗り切るコツをまとめています。参考にしてください↓

 

センター試験について

・前日の準備について

・1日目終了後の注意点

・2日目終了後の注意点

・自己採点について

センター試験の結果

センター試験の結果はメルマガ読者限定で公開しています。

メルマガ登録はコチラ

 

センターリサーチの結果

・センターリサーチ(河合塾)

・センターリサーチ(ベネッセ・駿台予備校)

 

【2月】2次試験本番

tsuki_title02

とうとうやってきた2次試験。長かった僕の受験勉強も佳境を迎えます。

センター試験をなんとか乗り切った僕ですが、「大学行くなら国立限定・浪人禁止」という条件だったので、当日まで滑り止めも何も受験していません。

正真正銘の一発勝負、落ちたら次はありません。

 

そんな”背水の陣”状態の受験生が本番を迎えると、どんな精神状態になるのか…。

経験のない現役生の方は特に必見です^^;

 

・第10話「いざ二次試験へ」

・第11話「失敗しても、やり直せばいい」

 

2次試験の受け方について

試験の受け方についてはこちらをどうぞ↓

二次試験の準備・注意点・試験の受け方について

心構えについてはこちら↓

二次試験を受ける際の心構えについて

 

2次試験本番の結果

2次試験の結果はメルマガ読者限定で公開しています。

メルマガ登録はコチラ

 

【3月】合格発表

僕の志望校は合格発表の日程が遅く、進路も決まらないまま卒業式へ。

進路が決まった友人たちと自分を比べて焦るばかり…。

 

結果を待つだけの状態が、まさかこんなにキツイとは思いもしませんでした^^;

そして、待ちかねた合格発表日が、ようやくやってきます。

 

・第12話「合格発表当日」

 

入学後の話

ここからは、受験を終えて大学に入ったあとの話です。

僕の身内には大卒の人が全くいなかったため、親戚に報告したときは「京大に合格した」というだけで相当に驚かれました↓

 

・第13話「キョウダイって、どんな漢字?」

 

あなたは京大生というと、どんなイメージをお持ちでしょうか?

ありがたいことに「自分には到底及ばないくらいの頭がいい人」みたいに思ってもらえる方がたくさんいます。

ただ、京大生といえども、あなたと全く同じ人間に違いありません。

 

大学入学後、僕自身、京大生どころじゃないスゴイ人に会いにいったことがあります。

でも、実際に話してみると「この人も、僕と同じく人間なんだ」と分かり、「自分もやればできるかも…」と自信をもらえることがよくありました。

 

 

僕がこのブログを書いた理由は、かつての僕が合格体験記を読んでそう思ったように、あなたにも「やれば出来るんだ」ということを知ってもらうためです。

もし、あなたに行きたい学校があって、学力だけを心配しているのであれば、遠慮なく挑戦してください。

 

「ラクして合格できる」なんて決して言いませんが、正しく努力を積み重ねれば不可能なことはありません。

そして、(受験に限らず何かに挑戦して)成功体験を積んで、自信をつけてほしいと思います。

というのも、自信がある人は新しいことにたくさん挑戦して、自分で人生を切り開いていけるからですね。

 

そのためのきっかけとして、この合格体験記が役立てば幸いです^^

・第14話「合格後の新しい世界」

・第15話「合格から成功体験を積んでいく」

 

まとめ:必要な準備さえすれば誰でも合格できる

 

以上が模試の結果など実際のデータ付きの合格体験記でした。

「必要な準備さえすれば誰でも合格できる」ということは、伝わったでしょうか?

 

ただ、ここまで読んでくれた人の中には、

「じゃあ、必要な準備って何をすればいいの?」と疑問に感じる方もいるでしょう。

 

そんなわけで、メルマガの方でより詳しい勉強法について解説する講座をやることにしました。

そこでは、こんな動画を配布しています↓

動画の続きは、メルマガ内で配布しています。

受験合格に必要な要素をすべて解説しているので、ぜひ登録して動画を見てみてください。

 

メルマガ登録はコチラ

 

 - 合格体験記