E判定でも京都大学へ現役合格!!塾なし6ヶ月間の逆転合格物語

8月の時点でE判定(合格可能性20%以下)だった公立高校生が、そこから塾にも通わずに6ヶ月で、京都大学へ現役”逆転”合格した勉強法・記録をすべて公開するブログです。

*
無料プレゼント・バナー

 

塾に行くメリットとデメリット(後半)

      2016/11/15

 

前半の内容はこちら↓
「塾に行くメリットとデメリット(前半)」

 

後半ということでデメリットを挙げていきます。

 

◆時間的にも体力的にも拘束される

 

塾に通うのですからもちろん時間的に拘束されます。

塾の形式にもよるでしょうが、基本は向こうの指定する内容に沿って勉強していくことになります。

 

なので、
・この科目を重点的にやりたい
・もっと復習に時間を使いたい
という自分の勉強は家に帰ってからになります。

 

しかし学校・塾が終わってから自宅で勉強するとなると、
時間的にも体力的にもかなり限られてきます。

実際、かなり自分を追い込む必要があるんじゃないでしょうか。

 

僕の場合は
・ゆとりをもって勉強したほうが体力的にも精神的にも長続きする
・必要ないところを勉強させられるのはストレスになる
と思ったので塾は利用せず学校だけで済ませていました。

 

学校の授業や自分を分析して足りていない部分を自宅に帰って一人で勉強する…という感じでしたね。

もちろんこれは僕の感じるデメリットなので、
そこをどう感じるかは人によると思います。

 

◆お金がかかる

 

これは家庭によるので何とも言えないんですが、
やっぱり塾・予備校はお金がかかります。

 

もちろん塾によりますが、授業料は50万~100万円が相場といわれているようですし、決して安い金額とは言えないですよね。

塾・予備校に行くなら親御さんとしっかり話し合うようにしてください。

 

ちなみに話がそれるんですが、大学に行くのもお金がたくさんかかります。

学費の安いとされる公立の学校だとしても授業料だけで年間60万程度必要になってきますからね。

4年間通うとなるとかなりの費用がかかります。

奨学金を借りたけど返済ができない人が年々増えてきていると聞きます。

 

だから皆さんはそうならないように、
そのことだけ頭の片隅に置いておいてください^^;

 

◆まとめ

 

塾にいくデメリット
・時間的にも体力的にも拘束される
・自分のやりたい勉強をすることが難しくなる
・お金がかかる

 

前半の内容はこちら↓
「塾に行くメリットとデメリット(前半)」

 - 塾・予備校の利用について