受験勉強で脳が疲れる原因とオススメ疲労回復方法

body_nou_good

長い間勉強していると、疲れてきませんか?

特に脳みそがズーンと重たい感じがして、何も考えられなくなって、勉強に全く集中できなくなってきますよね。

そんなときには、しっかり休むことが一番なんですが、「そうそう休んでばかりいられない」という人もたくさんいると思います。

ということで、今回は受験勉強で頭がつかれたときをテーマに話していきます。

 

現在、僕の合格体験記をこちらで紹介しています!

模試の結果については、画像と一緒にこちらで公開しています!!

ぜひ、読んでみてください^^

 

脳が疲れる原因は目の疲れ

mabuta_pikupiku

僕自身も最近知ったことなんですが、「脳が疲れた」って感じる原因のほとんどが「目の疲れ」にあるんです。

というのも、脳は生命活動に欠かせない働きをしているので、滅多なことでは疲れないようにできているですって。

確かに、脳みそが
「今日は疲れたから休も~^^」
とか言い出したら、その人は死んでしまいますもんね笑

だから、脳は一生働き続けても疲れないような仕組みになっているんです。

sick_noukousoku

「眠たい」とか「糖分が不足してる」といった理由以外では、脳が疲れることはありません。

それよりも先に疲れてくるのは、「目」なんです。

勉強するときって、必ず目を開いてますよね。

リスニングの勉強でもない限り、目を閉じては勉強できませんからね^^;

だから、目の疲れと脳の疲れを勘違いしやすいんですが、あなたがいま感じているのは「目」の疲れなのです。

 

脳(目)が疲れたときの疲労回復方法

job_medical_nougeka

ここまでで、目の疲れを取ることが重要なんだと理解していたと思います。

目の疲れっていうのは、頭以外にも首・肩・腰にまで広がっていくものです。

だから、なるべく早く対処しなければなりません。

以下では目の疲れを癒やすための疲労回復方法をご紹介します。

 

①目の内側を押す

両方の親指で、目の内側のくぼみを押し上げるように押してみましょう。

そこは「晴明(せいめい)」という名前のツボで、目の疲れや頭痛に効果があります。

あまり強く押しちゃダメですよ。あくまで優しく押してください。

②目を温める

まぶたの上から目を40℃ほどの温度で15秒間温めてみてください。

蒸しタオルでも、シャワーでも構いません。

そうすることで、目の血行がよくなって疲労回復できます。

③目薬をさす

目薬によって、直接目に栄養を送り届けるという方法です。

「疲れ目」以外にも、充血・乾燥・アレルギーなどいろんな目的の目薬が売られていますが、自分の症状にあったものだけを使うようにしてくださいね。

詳しくは薬剤師の方に相談するといいでしょう。

megusuri_boy

④食事に気をつける

ビタミンBやビタミンCが不足すると目が疲れやすくなります。

普段の食事にも気をつけてみてください。

サプリメントで足りない栄養を補う分には大丈夫ですが、食事そのものはしっかり取るようにしてください

⑤生活環境に気をつける

寝る前にスマホをさわる人は多いと思います。

ただ、暗い部屋で明るい画面のスマホを長時間見ていると、目の疲れに影響します。

なるべく画面と部屋の明るさを同じにしましょう。

⑥メガネ・コンタクトレンズのチェック

また、メガネを掛けている方は、メガネの度がしっかり合っているかもチェックしてみてください。

メガネを作るときって、「遠くがしっかり見えるかどうか?」を基準にしますよね。

でも、僕達って普段は机の上の参考書なりノートをみて勉強してます。

なので、勉強する際には、メガネの度がキツくなってしまいやすいんです。

メガネやコンタクトレンズを普段使っていて、頭(目)が疲れるって方は、度があってるかどうかも確認するといいでしょう。

 

まとめ:「脳の疲れ」は「目の疲れ」、普段の生活から目の疲れに気をつけよう

slump_good_woman_study

以上の内容をまとめると、「脳の疲れ」は「目の疲れ」なので、普段から目をいたわって勉強するようにしましょう、ってことです。

体調が悪いと勉強しようにも、頭に入ってきませんからね。

健康にはしっかり注意を払うようにしてください。

「疲れてから休む」んじゃなくて、「疲れる前に休める」という感じで予防するといいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください