E判定でも京都大学へ現役合格!!塾なし6ヶ月間の逆転合格物語

8月の時点でE判定(合格可能性20%以下)だった公立高校生が、そこから塾にも通わずに6ヶ月で、京都大学へ現役”逆転”合格した勉強法・記録をすべて公開するブログです。

*
無料プレゼント・バナー

 

受験は個人プレーだけど仲間は必要

      2016/11/15

 

◆仲間がいると心強い

 

一人で勉強していると
「自分が本当に合格できるのか?」
「自分の勉強はちゃんと点数に結びつくのか?」
などいろいろと考えてしまいがちです。

 

そんなときに同じ目標を持った仲間がいるとかなり心強いです。

ぼくも同じ大学に合格するという目標を持った友人たちと受験勉強にについて話したり、わからないところを教えあったりしてました。

 

話してるだけでもストレス解消になったり不安な気持ちが和らいだりします。

たぶん自分一人で勉強してたら合格できてなかったでしょうね^^;

 

それくらい同じ目標をもった友人たちには助けられました。

受験勉強は一人でするものですが、仲間がいると心強いです。

 

◆話せる人がいるということが大切

 

ちなみに仲間は多くなくて大丈夫です。

ほんとに2,3人で十分です。

 

2,3人でも本音で話せる人がいると不安なことがあっても助け合うことができます。

それに友達がたくさんいる人ばかりじゃないと思うので^^;

 

ぼくも友人と呼べる人は少なかったですが、
それでもしっかり話せる人がいたのでそれで十分でした。
あと、別に学校の友人じゃなくても構いませんよ。

そりゃ同じ受験生がいれば同じ不安を共有しているのでいいに越したことはありませんが、そんな人がいなければ家族でも、親戚でも、近所のおじさん・おばさんでも大丈夫です。

 

要は話せる人がいるということが重要なんです。

 

人間って結構単純で
「自分の悩みなんてきっとわかってくれないだろうな」
って思っていても話すだけで気分が変わります。

 

「迷惑をかけてるんじゃないか」とか心配する必要もないです。

迷惑をかけることが悪いんじゃなくて、
迷惑を”一方的に”かけることが悪いことなんです。

 

お互いに迷惑をかけあえるのなら、
悪いなんてことは全くありません。

それはむしろいいことです。そんな人間関係は大切にしましょう。

 

◆僕でよかったらメールしてください

 

それでも自分の周りには話せる人が誰もいない…
という人は僕でよかったら話聞きます。

 

受験勉強で不安なことでも日常生活の些細なことでもなんでもいいです。

あるいは「今月はこれくらい勉強しました!」などの成果報告なんかでも構いません。

 

報告するだけで自分が頑張ったということを認識できるようになってモチベーションアップにもつながりますからね。

「お問い合わせ」のほうに何でも好きなことを書いてみてください。

 

◆まとめ

 

・勉強は一人でやるものだが、仲間がいると大きなメリットがある
・話せる人がいるということが大切
・僕でよかったらメールしてください

 - 合格する考え方