E判定でも京都大学へ現役合格!!塾なし6ヶ月間の逆転合格物語

8月の時点でE判定(合格可能性20%以下)だった公立高校生が、そこから塾にも通わずに6ヶ月で、京都大学へ現役”逆転”合格した勉強法・記録をすべて公開するブログです。

*
無料プレゼント・バナー

 

何も考えずに塾に行くのは危険

      2016/11/15

受験生になると塾に通う人が多くなりますが、
自分にとって塾に行くメリットにはどんなものがあるのか何も考えずに通うのは危険です。

今回は塾に行くメリットとデメリットについて話します。

塾に行こうとしている方はこの記事を読んでから自分に必要あるもの何かどうかよく考えてみてください。

 

◆何も考えずに塾に行くのは危険

 

高校3年生の受験期になると塾に通って勉強する人が多いですが、
塾に行くメリットとデメリットを把握してから利用するようにしてください。

「とりあえず塾に行っておけば成績が上がるだろ…」
と考えている人が多いですが、この考え方は大変危険です。

 

危険というのは時間とお金を無駄にする可能性があるという意味です。

僕が受験生のときの話ですが塾に行くメリットとデメリットを何も考えてない人は
成績も思い通りに伸びてない人が多かったです。

 

メリットをしっかり考えて利用している人はやっぱり合格しているし、
逆に自分にはデメリットが多いと判断して自分で勉強している人もちゃんと合格してます。

つまり「自分のことは自分でしっかり考えましょう」ということですね。

 

「よくわからないけど塾に行っておけば安心だろう」
というような自分の合否を他人にすべて任せるようなことはやめてください。

 

◆ぼくの場合の話

 

ぼくの場合は学校で必要なことは十分補えると判断したため塾に行かずに家に帰ってから自分で勉強していました。

別に学校が特別な進学校というわけではなく、
普通の公立高校です。

それでも普通に現役で合格できました。

 

東大や京大といった難関校に合格するためには大手の塾・予備校に通わないといけない
…みたいな謎の常識がありますが全然そんなことありませんからね。

(そんな常識があったのは僕の周りだけかもしれませんが^^;)

 

ぼく以外にも塾に通わずに合格した人なんて何人も知ってますし、
ずば抜けて頭がいいからそれができたというわけでもありません。

ただ合格するために必要なことを考えて実行していっただけです。

 

ぼくが周りを見てた限り、
これができてる人は塾に通ってる・通っていないにかかわらず合格できてます。

繰り返しになりますが、合格したいならどうすればいいかを自分でしっかり考えるようにしてください。

 

◆まとめ

 

・何も考えずに塾に行くのは危険

・自分に必要なことを考えて実行していけば必ず合格できる。塾に行ってる・行ってないは関係ない。

 - 塾・予備校の利用について