E判定でも京都大学へ現役合格!!塾なし6ヶ月間の逆転合格物語

8月の時点でE判定(合格可能性20%以下)だった公立高校生が、そこから塾にも通わずに6ヶ月で、京都大学へ現役”逆転”合格した勉強法・記録をすべて公開するブログです。

*
無料プレゼント・バナー

 

努力することに価値があると思ってませんか?

      2016/11/15

読んでもらうために敢えて誤解を招きそうなタイトルをつけました。額面通りには受け取らないようにしてください。

 

皆さんはこんな経験ありませんか?

普段から勉強なんて全然してなさそうな友人がテストで自分よりいい点数を取ったときに「自分のほうが頑張ってるのに、あいつのほうがなんでいい点数なんだよ!」って思ってしまった…。

たぶん誰にでもあるんじゃないかなと思います。

 

そのほかにも定期テストや模試で思うような結果が出なかった受験生の中でときどき、

「でも徹夜で頑張って勉強したんです!」とか

「でも好きなゲームを我慢して勉強したんです!」とか

「でも受験のために彼女と別れたんです!」とか言い訳する人がいますが…

 

ハッキリ言ってそれと受験勉強で結果が出ないことには何の関係もないですよね?^^;

 

おそらく「自分はこんなにも頑張ってるのに…」とか「あれだけの決意をしたんだから…」ということで人に評価してもらいたいんだと思いますが、受験において努力することそのものには何の価値もありませんからね。

 

「半年間で偏差値を10上げました!」とか「今までできなかったけどテストで平均点を取れるようになりました!」とかなら、これは素晴らしいことだといえますね。評価されるべきだと思います。

 

当たり前ですが、受験において自分の頑張りは全く評価されません。推薦とかでなければ内申点とかもないですし。本番の試験結果が評価のすべてになります。

 

極端な例を挙げます。365日毎日10時間勉強した受験生A君と、気分の乗ったときに数分しか勉強しない受験生B君がいたとしましょう。試験本番でA君よりB君のほうが1点でも高い点数を取れば、評価されるのはB君のほうになります。

 

これが合格最低点ギリギリの話だと笑えませんよね。どれだけ頑張って勉強してきても点数が届かなければ不合格になってしまいます。厳しいようですが受験とはそういうものです。

 

努力はして当たり前のこと

これは努力には意味がないとかそういうことを言いたいわけじゃありません。実際、僕も努力することは素晴らしいことだと思ってますし、頑張れない人がたくさんいる中であなたが合格を目指して努力してるならそれは自信をもっていいと思います。

 

でも努力は決して評価されないんですよ。努力はして当然のことなんです(厳しいことばかり言って申し訳ないんですが^^;)。

 

どこか心の中で必死に勉強さえしていればいいと思っていませんか?もっと効率のいい勉強法を調べる努力を怠ってはいませんか?

 

確かに志望校に合格するためには努力は必要です。でも正しい方法で積み重ねていかないと悲しいくらいに結果はついてこないんです。そんなの嫌ですよね?

 

しっかり結果を出すためにも現実と向き合いましょう。

「自分のほうが頑張ってるのに、あいつのほうがなんでいい点数なんだよ!」と思うなら、その友人がどんなふうに勉強をしてるのか教えてもらってみてください。

「自分は受験のためにこれだけやりたいことを我慢してるのに…!」って思うなら、そのことと結果をだすことの間にはどんな関係があるのか考えてみましょう。

勉強で結果を出すためには我慢も必要でしょうが、我慢しただけで成績が上がることなんてありえません。

 

まとめ

努力すること自体は素晴らしいことだけど、受験では試験の結果しか評価されません。そして結果を出すためには正しい努力を積み重ねる必要があります。「そのことは結果を出すこととどんな関係があるか?」と問いかける癖をつけてみてください。この問いかけによって正しい努力ができるように自然となっていきます。

 

散々偉そうなことを言いましたが、これは僕自身に対する言葉でもあります。結果を出している人は大丈夫ですが、伸び悩んでいる人には何か参考になれば幸いです。

 - 合格する考え方